東白日報

発行・販売元/株式会社白報社
福島県東白川郡棚倉町字南町162
FAX:0247-33-6508

過去記事・編集長の雑記帳

  • 2018年2月19日

    FTV系の全国放送 3回目の紹介
     1月28日午前11時15分から放映された、福島テレビ系(全国放送)の30分番組「ミライモンスター」で、蛭田みな美プロの昨シーズンの活躍ぶりが紹介された。賞金ランキング上位を目指す奮闘やキャディーを務める父の宏さんとの師弟関係がドキュメンタリー風に描かれ、司会を務めるタレントの関根勤さんや高橋みなみさんの共感を呼んでいた。シード権こそ獲得できなかったが、3月から始まるトーナメントツアーでは、主催者推薦やマンデー予選、現地ウエイティングなど数少ない出場機会を確実に物にして、6月に初めて行われるリランキング(ランキング見直し)でのツアー連戦復帰を目指す。シーズンオフの現在も基礎体力を身に付けるさまざまなトレーニングを積んでいるもようだ。

  • 2018年2月19日

    バンカー 5㌢手前を打つ

    ⛳グリーン周りのバンカーショットのポイントを紹介する。①両足の間隔は通常より広めに取り②ボールがやや左足寄りになるようスタンスを取る(左足は開かず、打つ方向にスクエアに)③サンドウエッジのフェース面を上に向けて垂直に合わせる(もちろん砂に付けない)④手はハンドファーストとは逆に、右の腰近くに構える⑤椅子に腰掛ける直前ぐらいまで腰を落とし、ボールの5㌢手前を打ち、砂をはらう
    img20180208205621192148

  • 2018年2月19日

    1/29(月)~2/8(木)付 主な記事

    ▶1/29月 福島県県南地方振興局と棚倉町、町消防団は消防団員確保に向けて29日、町内の藤田建設工業とキコーに会社訪問し、協力を要請しました。藤田建設工業では、内藤勇雄社長、キコーでは深谷明雄社長がそれぞれ応対し、要請書を受け取りました。
    DSC_3506

    ▶1/30火 東京棚倉会に所属する和知裕善さん(79)=茨城県つくば市、棚倉町出身=が趣味で取り組んでいる刻字用にとカツラの木を譲ってくれる人を募集しました。この記事を読んだ棚倉町の木材会社が情報を寄せ、和知さんが近く帰省して原材を確認することになっています。
    sign
    img20180208185437683560

    ▶1/31水 棚倉保育園(中島一枝理事長)は第一園舎、第二園舎を統合して4月に新保育園として開園するのに伴い、棚倉町棚倉字南町に完成した新園舎を見てもらう「新園舎オープンデー」を2月17日午前10時半から現地で行います。新園舎は敷地面積3253平方㍍、木造平屋建て建築面積1325平方㍍。ゼロ歳児から3歳児までの保育室8室や遊戯室、プレイルームのほか、中庭とデッキなどを備えています。開園に当たり、第一、第二合わせた定員を10人増やし、計150人を受け入れます。
    img_3844

    ▶2/1木 防火防災などに日ごろから頑張っている消防団員の激励と若い世代の加入を促そうと、棚倉町と町消防団が募集していた「消防団応援事業所」の登録が40事業所に達しました。1日、町と町消防団は登録事業所を代表して町内の伊勢喜肉店に登録証を交付しました。湯座一平町長、原孝一町消防団長、沼田賢次副団長が店を訪れ、店主の鈴木清周さんに登録証を手渡しました。各事業所はそれぞれ、団員が「応援カード」を提示すると、割引や1品サービスなどの「おもてなし」をして、団員の志願者増に協力するとともに、団員ひいきの店として商売繁盛にもつなげる取り組みです。
    img20180208193545622577

    ▶2/3土 3日の「節分」には郡内各地の神社仏閣などで豆まき行事が繰り広げられました。観光名所でもある山本不動尊では、金坂栄哉住職による護摩祈とうが行われた後、本堂の回廊から奉賛会役員や年男年女代表が豆まきをしました。屋根や周辺には積雪も残っていましたが、例年通り大勢の参拝者が境内を埋め尽くし、福引付きの「福豆」に手を伸ばし、歓声を上げていました。
    DSC_3666

    ▶2/5月 矢祭町商工会女性部の設立50周年記念式典は4日午前11時からユーパル矢祭で開かれ、半世紀の歩みを振り返りながら今後の活動の新たな発展を誓い合いました。約50人が出席し、本田治子部長があいさつし、藤田清町商工会副会長が激励しました。歴代部長らに感謝状を贈り、第11代部長の藤田春恵さんが謝辞を述べました。記念パーティーではマンドリン演奏やアロハのステージで盛り上げました。
    img20180208200225875181

    ▶2/6火 6月に南相馬市で開かれる全国植樹祭のシンボルとなる「木製地球儀」が5日、中島村から棚倉町に引き継がれ、棚倉町役場でセレモニーが行われました。福島県県南農林事務所の松房政彦所長から湯座一平町長に地球儀が引き渡され、役場1階に8日まで展示されました。
    dsc_3718
    ▶2/7水 JA東西しらかわ青年連盟(農青連、関川秀樹委員長)と、管内の商工会青年部と東白川青年会議所などの情報交換会は6日夕、棚倉町の同JA農産物直売所みりょく満点物語のレストラン「山ぼうし」で開かれました。各団体の交流を通じ、地域産業の活性化に向けた取り組みの推進を誓い合いました。農青連が他の青年団体とこうした情報交換の場を持つのは初めて。約30人が集いました。
    dsc_3732

    ▶2/8木 第63回青少年読書感想文全国コンクールで、塙町の常豊小2年の下重諒人君が、最優秀賞の内閣総理大臣賞に輝きました。課題図書「アランの歯はでっかいぞ こわいーぞ」を読み、「友だちっていいな」のタイトルで書きました。ワニの主人公が歯でみんなを怖がらせていたのをやめ、髪を切ってあげたりするようになり、最後はみんなと仲良しになるストーリーで、緊張すると泣いてばかりいた1年生のころの自分と重ね合わせ、友達に「聞き方名人」と褒められたことで自信を付けたことをつづりました。
    dsc_3910_20180208203736232

  • 2018年2月8日

    セカンド② 8割フィニッシュ
    ⛳写真は、左足上がりでのアイアンショットで、①ボールが右足寄りになるようスタンスを決める②肩のラインを地面と平行になるよう意識して右足に体重を乗せ、③バックスイング、フィニッシュともフルスイングの8割ぐらいのイメージの軌道で振り、ボールの方向性をコントロールする(左足下がり・つま先下がりはスライス、左足上がり・つま先上がりはフックが出やすい)
    img20180127185046966322

  • 2018年2月8日

    セカンド① 傾斜なりに打つ

    ⛳ウッドでもアイアンでも、2打目以降は、①ボールのある場所、状況を確認し、自分がどんなスタンスを取るかをよく見極める②写真の場合、やや左足上がりで使うウッドで、ボールが平坦な場所にあるのと比較して少し右側になるよう立つ③その場のライ(傾斜)にできるだけ逆らわず、やや右足に体重をかけて構える④両肩を結ぶラインが地面と平行になるよう意識し、打つ方向を見定めてスイングする(これで基本的にダフリがなくなる)
    img20180127184042055098