東白日報

発行・販売元/株式会社白報社
福島県東白川郡棚倉町字南町162
FAX:0247-33-6508

過去記事・編集長の雑記帳

1. 過去記事

  • 2018年5月28日

    5/21(月)付
    ▶5/19土・20日 東白川郡内の小学校運動会は両日、各校校庭で開かれました。19日は棚倉町が棚倉、近津、高野、山岡の4校、塙町が塙、笹原の2校、鮫川村の鮫川、20日は前日から順延した矢祭町の矢祭で実施。19日は早朝、一時はたたきつけるような雨に見舞われましたが、実施校は懸命にグラウンド整備をして開催にこぎつけました。今の時代、精度の高いピンポイントの天気予報を信じての強行でしたが、見事に晴れ上がりました。(写真は棚倉→近津→高野→山岡→塙→笹原→鮫川→矢祭の順)


  • 2018年3月25日

    2/20(火)~3/6(火)付 主な記事

    ▶2/20火 鮫川村議会などによる「子ども模擬議会」が20日、村役場議場で開かれ、鮫川小と青生野(あおの)小の代表20人が一日議員となり、一般質問を行いました。このうち青生野小の藤田紗輝さんからは今年度で閉校となることで「校舎跡を観光客が休憩できる手まめカフェ2号館にしてはどうか」との提言があり、大樂勝弘村長も「いいアイデア」と評価しました。
    dsc_4065[1]

    ▶2/21水 棚倉町の八槻都々古別神社を舞台にした国指定重要無形民俗文化財「御田植祭」は21日、拝殿で開かれ、600年以上の伝統がある滑稽な能狂言風の所作を見ようと、今年も町内外から大勢の観覧者が訪れました。
    dsc_4118[1]

    ▶2/22木 棚倉町は22日、高齢者や障害者、妊婦らの災害時の避難に備えて、町内タクシー会社3社と輸送協力に関する協定を結びました。町役場で、湯座一平町長と、「あいタクシー」代表の金澤寛二さん、「ときわタクシー」代表の鈴木創一さん、「近津タクシー」代表の坂本孝作さんが協定書を交わしました。
    dsc_4140[1]

    ▶2/23金 一般社団法人東白川青年会議所の2018年度新春交流会は22日、棚倉町の新富家で開かれ、遠藤貴人理事長(37)=鮫川村議=が「熱意発奮~まわりを変えたいなら自分を変えよ」をスローガンとする今年度基本方針などを発表し、メンバー17人が各界の代表者らと交流を深めました。
    img20180306170558094350[1]

    ▶2/26月 棚倉町の社会福祉法人棚倉保育園(中島一枝理事長)の新園舎落成式が26日、町内棚倉字南町の新園舎で開かれ、待機児童ゼロを実現する新園舎の完成を喜び合いました。既存の第一園舎、第二園舎を統合し、2園合わせた定員140人を10人増やして150人の定員とし、4月1日に開園します。
    img20180306171028654461[1]

    img20180306171029532039[1]

    ▶2/27火 「うつくしまの川・サポート制度」の調印式は23日、矢祭町役場で行われ、久慈川流域の矢祭、塙、棚倉3町と久慈川第一漁協、福島県県南建設事務所の5機関が調印し、久慈川の環境美化に向けて協力を誓い合いました。
    rimg1458[1]

    ▶2/28水 塙町観光協会による風呂山公園の山つつじ手入れ作業が25日行われ、町内外からのボランティアら25人が参加し、春観光シーズンのつつじ満開を願いながら、ツルの除去や肥料を施す作業に汗を流しました。
    dsc_4188[1]

    ▶3/1木 福島県立高校の卒業式が1日行われ、東白川郡内では修明(棚倉町)、塙工業(塙町)、修明高鮫川校(鮫川村)の3校でそれぞれ3年生が卒業証書を手にしました 。
    img20180307093636410635[1]

    dsc_4275[1]

    img20180307093635640819[1]

    ▶3/2金 塙町は1日、「湯遊ランドはなわ」の森林の松くい虫被害木をボランティアで伐倒、除去した奥久慈林業協同組合に感謝状を贈りました。贈呈式は町役場で行われ、宮田秀利町長が菊地正人理事長に感謝状を手渡しました。鈴木浩一副理事長、会沢宣芳事務局長らが一緒に訪れました。
    dsc_4285[1]

    ▶3/3土 矢祭町の若鮎チャレンジサポート事業表彰式が2日、町役場で行われ、全国小学生陸上交流大会で8位入賞した菊池凌太君(矢祭小6年)ら町内の小中学生33人に賞状が贈られました。
    dsc_4308[1]

    ▶3/5月 棚倉町の中心商店街を共通ののれんで彩るイベント「暖簾(のれん)ゆらゆら城下町たなぐら」が3、4の両日、繰り広げられ、家族連れや若者たちが大勢訪れました。特に4日は初夏を思わせる好天に恵まれ、道中3カ所で地元名産のスイーツが味わえる「スイーツウォーキング」には定員いっぱいの200人が参加したほか、町内の文化財をスポットにした「コスプレ撮影会」 も大人気、原色のコスチュームに身を包んだ若者たちがあちこちで撮影し、「インスタ映などを狙っていました。
    img20180307100135928358[1]

    img20180307100136132312[1]

    ▶3/6火 よさこい団体が共演する第18回「春よ来い恋踊りた~いinはなわ」が4日、塙町の湯遊ランドはなわ駐車場で繰り広げられ、県内外の16団体が鍛え上げた踊りを披露しました。
    img20180307100449282276[1]

  • 2018年3月6日

    2/9(金)~2/19(月)付 主な記事

    ▶2/9金 棚倉町がルネサンス棚倉テニスコート近くに開設した町健康づくり交流館の愛称が「いきいき健幸(けんこう)ぷらざ」に決まりました。昨年12月からインターネットのホームページや「広報たなぐら」などを通じて愛称を公募した結果、全国から218点の応募があり、町とルネサンス棚倉の連絡調整会議で2段階の選考を経て絞り込んだ14点の中から3回目の会議で決定しました。採用された愛称の考案者は神奈川県鎌倉市の友久健さんでした。
    dsc_3929

    ▶2/10土 棚倉町は住み良い町づくりを推進する応援部隊になってもらおうと「健康づくり」「読書推進」「園芸農業(イチゴ栽培)」の3つの分野で「地域おこし協力隊」を募集しています。各分野とも年齢不問で、東京や大阪など大都市や県外を中心とした都市地域などの在住者が対象で、採用後は棚倉町に住民登録して1年以上居住することが前提。普通免許を持っていることなども条件となっています。3分野ともそれぞれ採用は「1人程度」。申し込み、問い合わせは町役場地域創生課へ。町のホームページなどにも募集要項が掲載されています。応募締め切りは3月9日(必着)。

    ▶2/13火 塙町議会による町民との意見交換会「あなたの声を町政に 議員と語ろう」は12日、町防災センターで開かれ、全議員14人と町民ら約30人が活発に発言しました。テーマとして①はなわこども園(仮称)建設②常豊小跡地利用③塙工業高の存続④塙厚生病院の医師確保―を中心に、意見交換しました。①だけでかなりの時間が費やされ、「もっと早い段階で、こういう機会をつくるべきだった」「事業費の財源は確保できるのか」など鋭い指摘が相次ぎました。議会側は「議会に執行権はないが、厳しく監視していく」と約束していました。
    img20180219202401116382

    ▶2/14水 東邦銀行棚倉支店の取引先などの親睦組織「東棚会(とうほうかい)」(藤田光夫会長)の新年会が13日、棚倉町の新富家で開かれ、地域経済発展へ連携を強めていくことを誓い合いました。恒例の講演会は、喜多方市で豆菓子の製造販売を営む株式会社おくや社長の松﨑健太郎さん(42)を迎え、「未来に豆蒔(ま)く あったか仕事―10年先の夢を語れる人になろうー」と題する話を聞きました。かつて落花生の生産高日本一だった会津地方の農家80戸との契約栽培や、会津地方の障害者授産施設16カ所と提携し、豆の味や品質を高める「手むき」の作業を委託して220~230人に作業代を支給しているとのこと。年商は現在、2億円超ですが、将来的には10億円以上に伸ばし、「落花生ランド」をつくる未来図を描いているそうです。
    img20180219203601382705

    ▶2/15木 棚倉町観光フォトコンテスト審査会が14日、町立図書館で開かれ、風景の部で中川秀男さん(いわき市)の「光景の部」、まつりの部で熊田行雄さん(鏡石町)の「祭りの主役たち」が最優秀賞に輝きました。今回は212点の応募があり、全日本写真家連盟総本部理事の戸井田楽桜さん(郡山市)や同連盟県南支部長の衣山武秀さん(棚倉町)、湯座一平町長らが審査に当たりました。作品は3月27日まで館内に展示されています。(作品の写真はプリントを接写し、トリミングしてあります。実際の作品とはやや濃淡、形状が異なることをご了承ください)
    img20180219204814760973

    img20180219204835544617

    ▶2/16金 東京棚倉会に入り、「たなぐら応援大使」の1人でもある井上信亨さん(41)を「東京棚倉会だより」として紹介しました。井上さんは、新宿・歌舞伎町に事務所を構え、行政書士・社会保険労務士として活躍する異色の存在です。しかも、その事務所に念願だったバーを設け、「KING’S BAR行政書士・社会保険労務士事務所」と命名。「バーの持つ独特の雰囲気とアルコールによって人が率直に悩みを話せる環境になる」と、顧客の応接にも使っているそうです。早稲田大学政経学部を卒業後、6年間、この歌舞伎町の飲食店で働き、さまざまな「士業」の事務所に勤務しながら、「社労士が一番自分に合っている」と〝古巣〟歌舞伎町に戻ったそうです。棚倉出身者として今後の活躍を町関係者も願っています。
    img20180219210202337617

    ▶2/19月 女子プロゴルファーの蛭田みな美プロ(20)=フリー、鮫川村=を招いた後援会の激励会が17日、棚倉町のゴルフ場「棚倉田舎倶楽部」で開かれ、みな美プロのツアー初優勝に思いを一つにしました。約70人が集い、後援会長の大樂勝弘鮫川村長、スポンサー企業の一つになっている藤田建設工業の藤田光夫会長らが激励あいさつした後、みな美プロはこの日、冬のオリンピックで金メダルを取った羽生結弦選手の名前を挙げ、「私も羽生選手のように多くの人に喜びを与えられる存在になりたい」とし、今シーズンでの初優勝に意気込みを見せました。みな美プロには後援会から激励金が贈られました。
    img20180219211227960258

    img20180219211617536404

  • 2018年2月19日

    1/29(月)~2/8(木)付 主な記事

    ▶1/29月 福島県県南地方振興局と棚倉町、町消防団は消防団員確保に向けて29日、町内の藤田建設工業とキコーに会社訪問し、協力を要請しました。藤田建設工業では、内藤勇雄社長、キコーでは深谷明雄社長がそれぞれ応対し、要請書を受け取りました。
    DSC_3506

    ▶1/30火 東京棚倉会に所属する和知裕善さん(79)=茨城県つくば市、棚倉町出身=が趣味で取り組んでいる刻字用にとカツラの木を譲ってくれる人を募集しました。この記事を読んだ棚倉町の木材会社が情報を寄せ、和知さんが近く帰省して原材を確認することになっています。
    sign
    img20180208185437683560

    ▶1/31水 棚倉保育園(中島一枝理事長)は第一園舎、第二園舎を統合して4月に新保育園として開園するのに伴い、棚倉町棚倉字南町に完成した新園舎を見てもらう「新園舎オープンデー」を2月17日午前10時半から現地で行います。新園舎は敷地面積3253平方㍍、木造平屋建て建築面積1325平方㍍。ゼロ歳児から3歳児までの保育室8室や遊戯室、プレイルームのほか、中庭とデッキなどを備えています。開園に当たり、第一、第二合わせた定員を10人増やし、計150人を受け入れます。
    img_3844

    ▶2/1木 防火防災などに日ごろから頑張っている消防団員の激励と若い世代の加入を促そうと、棚倉町と町消防団が募集していた「消防団応援事業所」の登録が40事業所に達しました。1日、町と町消防団は登録事業所を代表して町内の伊勢喜肉店に登録証を交付しました。湯座一平町長、原孝一町消防団長、沼田賢次副団長が店を訪れ、店主の鈴木清周さんに登録証を手渡しました。各事業所はそれぞれ、団員が「応援カード」を提示すると、割引や1品サービスなどの「おもてなし」をして、団員の志願者増に協力するとともに、団員ひいきの店として商売繁盛にもつなげる取り組みです。
    img20180208193545622577

    ▶2/3土 3日の「節分」には郡内各地の神社仏閣などで豆まき行事が繰り広げられました。観光名所でもある山本不動尊では、金坂栄哉住職による護摩祈とうが行われた後、本堂の回廊から奉賛会役員や年男年女代表が豆まきをしました。屋根や周辺には積雪も残っていましたが、例年通り大勢の参拝者が境内を埋め尽くし、福引付きの「福豆」に手を伸ばし、歓声を上げていました。
    DSC_3666

    ▶2/5月 矢祭町商工会女性部の設立50周年記念式典は4日午前11時からユーパル矢祭で開かれ、半世紀の歩みを振り返りながら今後の活動の新たな発展を誓い合いました。約50人が出席し、本田治子部長があいさつし、藤田清町商工会副会長が激励しました。歴代部長らに感謝状を贈り、第11代部長の藤田春恵さんが謝辞を述べました。記念パーティーではマンドリン演奏やアロハのステージで盛り上げました。
    img20180208200225875181

    ▶2/6火 6月に南相馬市で開かれる全国植樹祭のシンボルとなる「木製地球儀」が5日、中島村から棚倉町に引き継がれ、棚倉町役場でセレモニーが行われました。福島県県南農林事務所の松房政彦所長から湯座一平町長に地球儀が引き渡され、役場1階に8日まで展示されました。
    dsc_3718
    ▶2/7水 JA東西しらかわ青年連盟(農青連、関川秀樹委員長)と、管内の商工会青年部と東白川青年会議所などの情報交換会は6日夕、棚倉町の同JA農産物直売所みりょく満点物語のレストラン「山ぼうし」で開かれました。各団体の交流を通じ、地域産業の活性化に向けた取り組みの推進を誓い合いました。農青連が他の青年団体とこうした情報交換の場を持つのは初めて。約30人が集いました。
    dsc_3732

    ▶2/8木 第63回青少年読書感想文全国コンクールで、塙町の常豊小2年の下重諒人君が、最優秀賞の内閣総理大臣賞に輝きました。課題図書「アランの歯はでっかいぞ こわいーぞ」を読み、「友だちっていいな」のタイトルで書きました。ワニの主人公が歯でみんなを怖がらせていたのをやめ、髪を切ってあげたりするようになり、最後はみんなと仲良しになるストーリーで、緊張すると泣いてばかりいた1年生のころの自分と重ね合わせ、友達に「聞き方名人」と褒められたことで自信を付けたことをつづりました。
    dsc_3910_20180208203736232

  • 2018年2月8日

    1/18(木)~26(金)付 主な記事

    ▶1/18木 JA東西しらかわは18日、棚倉町の棚倉中3年生全員に高校合格祈願米としてブランド米の「みりょく満点米」(1㌔入り)をプレゼントしました。地域貢献活動の一環として毎年、この時期に管内の棚倉、白河市表郷、矢吹、塙、矢祭、鮫川の各中学校に贈っています。棚倉中には薄葉功組合長らが訪れ、受験生代表に手渡しました。
    201801271633

    ▶1/19金 棚倉町の修明高校で19日、農業系クラスの3年生による課題研究発表会が開かれました。食品科学科、生産流通科の生徒がグループごとに実習などを踏まえて取り組んだ課題研究、実験結果などをスクリーンに映し出しながら発表しました。
    201801271651

    ▶1/22月 東白川剣道連盟(稲垣孝史会長)の初稽古と第40回東白川年代別剣道選手権大会は20日、塙町の塙小体育館で開かれました。連盟に所属する約20人が参加し、稽古でひと汗かいた後、試合に臨みました。夕方からは棚倉町の新富家に集まり、新年会。昨年中の昇段者や受賞者らの功績が紹介され、祝福を受けました。
    201801271712

    ▶1/23火 福島県内の優れた建築物をたたえる第34回県建築文化賞表彰式は22日、福島市の杉妻会館で開かれ、棚倉町の藤田建設工業(内藤勇雄社長)がいわき市で手掛けた「県買収型復興公営住宅関船団地」が特別部門賞を受賞しました。内藤社長と藤田博常務は23日、棚倉町役場を訪れ、湯座一平町長に受賞を報告しました。
    201801271723

    ▶1/23火 関東圏からの発達した低気圧の影響で、東白川地方も22日午後から23日未明にかけて軒並み20㌢以上の積雪となり、今冬一番の大雪となりました。棚倉町の棚倉城跡公園では、ツツジなどの植え込みの上部が丸く雪化粧し、まるでカリフラワーを並べたような形になりました。以後、最高気温が零度以下という寒い日が続いています。
    201801271724

    ▶1/24水 福島県中小企業家同友会白河地区(酒井勝行会長)臨時総会・一月例会・新年会は22日、白河市の鹿島ガーデンヴィラで開かれました。新年恒例の鈴木和夫白河市長の講演では、歴史上「白河口の戦い」として表記される史実は、東西両軍が正面切って激突した「本格戦」であり、歴史的な節目となった―と主張。「私たちはこの節目に、正確な歴史認識を伝え、自信を持って地域づくりを進めていかなければならない」と決意を述べました。新年会では、地区所属の藤田光夫県理事長があいさつに立ち、2500人会員実現への協力を呼び掛けました。
    201801271744

    ▶1/25木 今年4月から二つの園舎が統合して新園舎へ移転する棚倉保育園(中島一枝理事長)が、長年取り組んでいる「自然の中での子どもの育ち」を重視した保育に対する注目度が高まっています。昨年11月に郡山市で開かれた県保育協議会県南支部保育研究大会で、田んぼの学習やどろんこ遊び、木登りなど身近な自然の中で「心の根っこ」を育む同保育園第二園舎(三瓶邦子園長)の発表が最優秀賞に輝き、5月に予定される県大会出場が決まりました。
    201801271759

    ▶1/26金 「文化財防火デー」に合わせ、矢祭町の文化財巡回防火査察が26日、行われました。町中央公民館駐車場で全体会の後、稲荷神社、祖神社、役行者堂、天満神社、長沢観音堂を巡回査察。現地で放水確認もあり、設備を点検しました。
    dsc_3485

  •